安定収入を得るにはサブリースの契約をするのがベスト

婦人

サブリースというシステム

婦人

空室分の保証が魅力です

賃貸物件で、一括借り上げというシステムを見聞きすることがあります。この一括借り上げ、サブリースとも呼ばれますが、これは従来の賃貸システムと大きく異なっています。どのような点が異なっているかといいますと、賃貸を経営するのが大家さん、つまり不動産のオーナーでなく、不動産会社であるという点です。大家さんには収入は入って来ますが、本来の家賃の7割から9割程度です。ですから普通に賃貸経営をするよりも、多少収入は減ることになります。ただし、この一括借り上げのシステムを適用した場合は、他にないメリットがあります。それは、空室の分も家賃保証をしてもらえることです。たとえば10室ある物件で、4件に入居者がなくて空室の場合でも、10室分の家賃の7割から9割が入るので、家賃収入がかなり安定するのはかなり大きなメリットです。こういった点で、一括借り上げシステムは大変便利なのです。その反面、本来なら大家さんに入ってくるお金が、入ってこないということもあります。それは入居時の敷金や礼金、それから契約更新料などです。こういうお金は、すべて経営をまかせている不動産会社の収益となります。経営をまかせている以上、ある意味当然ではあるのですが、空室がそれほどない、あるいはほとんどない物件の場合は、一括借り上げでなく、普通の賃貸経営という形の方が、メリットが大きいこともあります。また空室の保証は必要ないものの、滞納があった時が心配という時は、滞納分の保証のみの契約も可能です。